セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)の主な効果をまとめました

セントジョーンズワートの特徴と効果について

セントジョーンズワート

セントジョーンズワートという名前はあまり聞きなれない方も多いと思いますが、これは薬草の一種でうつ病やPMS(月経前症候群)、不眠症などに効果があることで注目されています。

 

PMSに効果的なチェストツリーなどとともに利用されているものです。チェストツリーを利用したPMSサプリの比較はこちらのサイトに詳しく載っていました。

 

セントジョーンズワート欧米ではハーブティとして好まれ、健康のバランスをとる目的や体調不良、病気改善などで使用されてきました。セントジョーンズワートは、北米やヨーロッパ、アジアで自生する野草で黄色い花を咲かせます。この野草はヨーロッパではうつ病の薬として認可もされているほど、精神障害などに効果が高い事で評価されています。

 

しかも野草である為、副作用の心配がなく体が弱い方にも安心です。セントジョーンズワートは、イライラする生理前など精神を安定する効果や、生理痛を緩和する働きも最近では注目されています。女性にとっては欠かせない野草なのです。

 

⇒副作用と良くない飲み合わせ(薬)
⇒効果的な飲み方や時間帯
⇒PMSや更年期障害のイライラに効果的?
⇒効果を高めるビタミンってどれ?
⇒効果が現れるまでの時間ってどのくらい?
⇒不眠症に効果がある?
⇒女性ホルモンに作用するの?
⇒PMSにはチェストツリーとどちらがおすすめ?
⇒生理痛や生理不順にも効果はあるの?

 

セントジョーンズワートと相性がよい栄養素について

セントジョーンズワートは別名セイヨウオトギリソウとも呼ばれています。うつ病の治療として海外でも広く知られている薬草ですが、更年期障害やストレスなどを解消するメリットがあることでも話題になっています。セントジョーンズワートは、ハーブティとして飲むことが一番簡単な方法ですが、さらに効果を引き出す為には一緒に摂取するとよい栄養分があります。

 

そのうちの一つがミネラルです。ミネラルは精神を安定させる働きがあるため、イライラ解消にとても効果があります。そしてビタミンCも気分が落ちこんでいる時にはオススメの栄養素です。さらにアミノ酸やビタミンB群にも気持を安定させる働きがありますので、セントジョーンズワートと一緒に摂取すると、さらに精神安定の効果が期待できます。特に女性の更年期障害や生理前のイライラで悩んでいる方はぜひ参考にしてみましょう。

 

セントジョーンズワートは、脳内の神経伝達物質、セロトニンを増やす作用があります。体に優しい野草なので、刺激の強い薬の副作用なども心配ありませんね。うつ病や更年期などの辛い症状は体に優しい方法で改善をはじめましょう。