セントジョーンズワートがは女性ホルモンに作用する?

女性ホルモンを活発にする方法とは?

女性ホルモンを安定させるには、まずストレスを溜め込まない事が大切です。そして十分な睡眠をとり食生活での栄養バランスをとることも忘れてはいけません。最近では女性の体に効果があるサプリメントが人気になっていますが、そのなかの一つ、セントジョーンズワートが大変注目されています。

 

このハーブには女性ホルモンの働きを活発にする作用があり、生理前のイライラや更年期のうつなどの症状を緩和する効果が評価されています。そして鎮静作用もあるため、不安定な精神状態を安定させる効果もあります。

 

女性ホルモンを活発にする為には、食生活での栄養バランスが大切ですが、手軽に栄養補給する方法としてサプリメントがあります。セントジョーンズワートは女性の健康作りと辛い症状改善にサプリメントの成分としても大変注目されています。女性ホルモンの働きはデリケートなケアで改善することがポイントです。

 

女性ホルモンの働きについて

女性らしさを保つために欠かせない女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2種類に分けられます。どちらのホルモンも卵巣で作られていますが、加齢やストレスなどが影響してホルモンの働きが不安定になってしまいます。

 

エストロゲンは排卵を促し、自律神経のバランスを整える働きや脳細胞を活発にする働きがあります。プロゲステロンには子宮内膜の状態を安定させ、基礎体温を上げる働きがあります。

 

これらのホルモンは女性の体に密接に関係していますので、PMSと呼ばれる生理前症候群や更年期障害の症状にも繋がります。

 

イライラしたり、気分が落ち込んでしまうような精神面の不安定な時は、ホルモンの働きを安定させるケアが重要になります。女性ホルモンを活発にする為に、食生活の見直しをはじめ規則正しい生活習慣を作りを心がけましょう。

 

セントジョーンズワートで女性ホルモンを安定させると、辛い生理痛や生理前のイライラ、そして更年期のうつなどを改善できる効果があります。ハーブの力で女性ホルモンを活性化し、いつまでも魅力的な女性でいたいですね。